【やらなきゃ損!】クレジットカードの還元率はkyashで3倍にすべし

クレジットカードと現金

こんにちは、南蒼樹です。

本記事では、クレジットカードの還元率を3倍、いや、物によっては5倍くらいに引き上げてくれる『kyash』というプリペイドカードをご紹介します。現在使っているクレジットカードを『kyash』に切り替えるだけで大きなデメリットはないので、少しでもお得に生活したい方はぜひご一読ください。

なお、現状kyashがお得すぎる理由は「新規ユーザーの獲得」だと考えられますので、近い将来、いまの水準で還元を受けられなくなる可能性が高いと見ています。詐欺やステマではなく、単純にお得すぎるから本記事を執筆しているのですが、始めるのであれば早い方がいいということを先にお伝えしておきます。

kyashは還元率2%のプリペイドカード

kyashは、還元率2%のプリペイドカードです。通常「高還元」と言われるクレジットカードでさえ還元率は1%がせいぜいですから、その倍ということでいかに還元率が高いかがお判りいただけると思います。

しかし、kyashの威力はそれだけではありません。kyashの真髄は、「手持ちのクレジットカードからチャージできること」です。

クレジットカードからチャージできて何が嬉しいのかというと、ポイントが2重取りできる点が挙げられます。たとえば還元率1%のクレジットカードをkyashの支払い元に設定すれば、kyashの支払い還元2%に加えてクレジットカードの利用分である1%の計3%の還元を受けることが可能になります。

また、プリカといえど事前にチャージしておく必要はなく、登録したクレジットカードから決済時に自動でチャージする仕組みのため、使い勝手はクレジットカードと同様です。現金を持ち歩く手間がありませんし、アプリを利用すれば個人間の送金も可能。とくに少額の送金は現金でやりとりするのは面倒ですし、かといってLINE Payなどはクレジットカードからチャージできないものがほとんどですので、クレジットカードのポイント還元という恩恵を取り逃がしてしまうことになります。

『高還元で得』『手間がかかからない』『便利』という三拍子揃った素晴らしい決済ツールで、私は日常生活の支払いの8割でkyashを使用することで常時3%の還元を受けています。さらに、たとえばPay Payなどの決済カードとして登録することもできるので、還元率は3.5%以上になることもザラです。

kyashのデメリット

では、デメリットはないのでしょうか。本格的にkyashを利用しはじめてから約半年経ちましたので、以下デメリットを挙げてみます。

  • 支払い上限がある
  • 使えない店舗やサービスがある

正直言って「デメリットはほぼない」のですが、若干気になるポイントです。

月12万円、24時間5万円など支払い額の上限がある

ひとつめに、支払額の上限です。

kyashにはアプリ内で即時に発行できる『バーチャルカード』と、クレジットカードのように実物のカードである『リアルカード』の2種類を発行することが可能です。上限額はバーチャルカードとリアルカードでも異なるのですが、リアルカードだと月に12万円、24時間5万円、1回あたり5万円となります。

この支払い上限が絶妙なラインに設定されていて、使いすぎると上限を迎えてしまいます。私はいまのところ1度だけですが、支払いの多い月などはクレジットカードでの支払いを混ぜるなど、対処が必要かもしれません。

レンタカーやガソリン・公共料金の支払いは不可

そしてふたつめに、使用店舗が通常のクレジットカードよりも絞られてしまうこと。

たとえばレンタカーやガソリン代など、通常のクレジットカードなら使える場所でも稀に使えないことがあります。また、公共料金などクレジットカードの支払いがもともと不可の場合も使用できません。

また、先述のPayPayのチャージ元としては使えますが、LINE Payは不可です。個人的には実際にやってみないと使えるかどうか分からない、という点が気になります。

とはいえそこまで極端に使用できないケースがあるわけではなく、基本的にはクレジットカードが使える店全般で使えるけど、一部対応していないことがある、という感じです。ちなみにそのような場合は、通常のクレジットカードもしくは現金を使うことになります。

まとめ:クレジットカード×kyashはコスパ最強

はっきりいって、致命的なデメリットがひとつもなく、完全無料でこれだけメリットの多いカードはなかなか目にしないと思います。

冗談抜きでコスパ最強なので、もっと認知度が上がって然るべきだと思います。本記事ではkyashの使い方など詳細には触れませんが、もし興味があるかたはぜひググってみてください!

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です