【楽天モバイル】格安SIM切り替えでスマホ代と通信費が月980円になった話

スマホと通信機器

こんにちは、南蒼樹です。

本記事では、スマホ代とwifiなどの通信費を見直した結果、月々の通信費が980円になった話をしていきます。まだ請求が来ていないので見込みでの試算ではありますが、無料通話分もまだ無傷で残っているため大きく請求額が上昇することはないでしょう。

スマホ代・通信費を安くしたいと考える方の参考になれば幸いです。

月額980円で賄うスマホ代とwifi通信費とは

楽天モバイルスーパーホーダイ

980円の内訳は、『楽天モバイル』スーパーホーダイSプランになります。これまでは格安SIMに加えてモバイルwifiを使っていましたが、引っ越した賃貸マンションに無料のwifiが付帯していたため解約。スマホ本体はSIMフリー端末を購入時に一括支払済みですので、格安SIMの980円のみが毎月のスマホ代を含めた通信費になります。

自宅ではマンション付帯のwifiを利用し、外出中は楽天モバイルの高速データ通信枠を利用。高速枠を使い切ったあとは速度制限枠で使用することになりますが、最大速度が1Mbps(他社では200kbps上限が多い)のため、SNSやブラウザ利用にはほぼ支障がないと考えています。

mineoから楽天モバイルへ乗り換え、Broad wimaxは解約

もともと私は格安SIMの『mineo』、モバイルwifiは『Broad wimax2+』を利用していました。自宅のwifiが貧弱であり、PCを重度に利用する私としてはモバイルwifiを持たざるを得なかったからです。

通信速度についてはどちらもほとんど不満なく使えていたのですが、長野県から北海道への移住によりmineoの通信速度が急落したこと・自宅での高速wifi環境が揃ったことを受けて見直しを行いました。

以下、その詳細です。

格安SIMの乗り換え理由

そもそも今回の見直しの発端となったのは、mineoの異常な速度低下でした。mineoは数年前から愛用しており、使用量も2000円前後だったので見直す気は毛頭なかったのですが、札幌では月初の高速枠ですらSNSの写真が表示されなかったり、ウェブ検索でも明らかな待ち時間が発生するようになりました。

2ヶ月ほど様子を見ましたが改善する雰囲気はなく、乗り換えを検討することに。

ちょうどその頃、『楽天経済圏』にシフト(日常利用店舗を楽天グループの系列店に寄せることで大量の楽天ポイントを稼ぐこと)したので、必然的に目に入ったのが楽天モバイルでした。

名称 高速データ枠 速度制限時の上限速度 通話枠 料金
mineo 3GB 200Kbps 利用分が別途かかる 1600円
楽天モバイル 2GB 1Mbps(時間により300Kbps) 国内通話10分まで無料 2980円

個人的に大きかったのが、冒頭で述べた速度制限時の上限速度です。mineo含めほとんどの業者で提供される上限200Kbpsというのは、実際に使うにはもっと速度が落ちるのでSNSが満足に閲覧できない程度の速度になります。しかし、1Mbpsはその5倍で、調査した限りは速度制限時もほぼ問題なくSNSやネットが使用できているということでした。

私は動画やゲームなどの重い処理をしないので実質通信量無制限とおなじことですし、高速データ枠が1GB少ないことも気になりません。

また、やや料金が高い点が気になりますが、これは楽天会員であれば1480円になるのでこの時点でmineoよりも得な状態になります。しかも、楽天ダイヤモンド会員であればさらに割引が受けられ、月額は980円となります。

さらにさらに、ネットショッピングで楽天市場を利用する場合、楽天モバイルを利用することで常にポイントが2%多く還元されることを考慮すると、もはや乗り換えない理由は見当たりませんでした。実際乗り換え後の通信速度もmineoより明らかに向上し、高速枠でのストレスはまったくありません。

モバイルwifiの解約理由

自宅にwifiが付帯したことでモバイルwifiの存在意義が大きく低下したことは先述の通りです。さらに格安SIMを楽天モバイルに乗り換えたことで、外出先でのPC利用時もスマホのテザリングで事足りることが推測され、解約に至りました。

もともとモバイルwifiは外出時の通信環境としてもヘビーユースしていたのですが、北海道では都市部を外れるとすぐ圏外になってしまうことも多く、こちらも魅力低下の一因となっていました。また、現在のところとくに解約によるデメリットは感じていません。

トータルコストは2年で倍以上の差

月額980円というとかなり安いですが、各種割引の制限や解約金などもありましたので、それらを総合したうえでトータルコストとしてどの程度の差ができるのか具体的に算出してみました。

mineoの平均月額

過去10ヶ月の利用料を平均したところ、月額2239円でした。基本使用料は1728円(税抜きで1600円)なので、毎月500円ほど多く払っていたことが分かります。高速データ枠の買い増しは一度もしていないので、増加分はすべて通話料によるものです。

通話料は30秒で20円ですので、差額の511円から算出すると、毎月平均で約13分の通話をしていたことになります。通話はほとんどしていないつもりでしたが、実際にはそこそこしているんですね。

broad wimax2+の平均月額

こちらは定額使い放題のプランですので、毎月3684円です。

スマホ代含めた通信費は合計で5923円と、薄々気づいてはいましたが、かなり高額な支払いをしていたことが分かりました。

楽天モバイルスーパーホーダイの見込み使用料

利用期間によって使用料が変わるため、2年間継続利用する前提で算出します。

はじめの1年間の基本料は月額1058円(税抜き980円、ダイヤモンド会員は維持できる見込み)、2年目はダイヤモンド会員割引がなくなるため1598円となります。ちなみに3年目は各種割引がなくなるため3218円と一気に上昇します。

そして通話料ですが、無料枠(毎月10分)と平均通話時間の差分は3分ですので、通話単価(30秒10円)を考慮すると60円が追加でかかる通話分になります。これらを考慮すると、平均月額は1388円となります。

ですので、毎月4535円(5923-1388)のコスト減になります。年間で54420円となり、かなりおおきなコストカットと言えるでしょう。

実際の支払い総額の変化

とはいえ上記は様々なデータを平均した額ですし、今回の乗り換えにかかった費用も考慮していません。より正確な支出額の変化を以下グラフに示します。

通信費の支払額の変化

青はこれまでの契約を継続した場合、赤が楽天モバイルに乗り換えた場合です。

今回、乗り換えに際して31205円の費用がかかりました(wimaxの解約料26380+mineoのMNP転出手数料2160+楽モの事務手数料3665)。かなり高額ですが、半年ほどで総支払額はほぼ横並びになり、7ヶ月以上利用すれば楽天モバイルのほうが安くなります。

13ヶ月目から楽天モバイルの使用料が増加するためグラフの傾きはやや上がりますが、それでも両者の差は開いていき、19ヶ月でmineo+wimaxが楽天の倍となります。24ヶ月後の総支払額は前者で112537円、後者で56227円と非常に大きな差ができました。

また、楽天モバイルは25ヶ月目から使用料が倍増しますが、それでも前者より安いのでこの差は広がり続けますし、約10000円の解約料を支払って乗り換えるのも一手と思います。

キャッシュフローの可視化と定期的な見直しで固定費の削減を

スマホ代や通信費といった固定費は寝ていても定額で出ていくお金ですので、安く抑えればそれだけ可処分所得が増え、投資なり貯蓄なり趣味なりにより多くの資金を回すことができます。「格安SIMだから」と慢心するのではなく、キャッシュフローの可視化と定期的な見直しにより固定費の削減を狙いましょう。

なお、現在キャリア(docomo/softbank/au)でスマホを利用している方は格安SIMにするだけで大幅なコストカットができる可能性が高いので、格安SIMの検討を強くおすすめします。

また、現在のところ楽天モバイルは非常に快適に使用できていますが、安さに走って使い勝手が悪ければ元も子もありませんし、低速時の速度もふくめ今後検証していきます。好印象であれば、別記事にてまた紹介しようと思います。

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です