日本酒が好きならココ!松本のおすすめ居酒屋を6つ紹介

火影の日本酒

ここでは、松本に20年すんでいるぼくが選ぶ「松本でほんとうに美味しい日本酒と肴が味わえる居酒屋」を紹介していきます。

居酒屋は世の中にたくさんありますが、そのなかでも「本当に美味しい!」と思えるお店ってじつはかなり少ないと思っていて。とくに鮮度が命の和食を食べるときは、お店選びで失敗したくないですよね。

ぼくもそんな一心で「美味しい居酒屋」を日々探しているので、「とにかく肴がウマい!」と思えるお店を厳選して紹介していきますよ!

個人的に居酒屋は

  • 料理がおいしいかどうか(とくに海鮮)
  • だし巻き卵がおいしいかどうか
  • 日本酒の品揃え(チョイス)と味

という3つのポイントで評価しているので、同じような評価基準のひとにはわりとマッチするんじゃないかと思っています。また、さいごに長野県内のおすすめ地酒も紹介していますので、迷ったときには参考にしてみてください!

ソウジュ

ぼくはそこそこ飲み食べするほうなので、価格帯はすこし高めになってるかもしれません

絶品の酒・料理を味わえる居酒屋『くずし和食そら』

『くずし和食そら』の魚料理

『くずし和食そら』の天ぷら

駅からはすこし離れてしまいますが、それでも徒歩圏内。時間があるときには歩いてでも行ってほしいのがこちらのお店。

店構えはふつうの居酒屋という感じ。カウンターとテーブルがあって、メニューは魚介系と日本酒がメイン。完全に日本酒飲みのためのお店です。

日本酒はもちろん、魚料理が絶品!その時期の旬の魚をバッチリ出してくれるところも最高です。4月にいったときは、ホタルイカの天ぷらをいただけました(もちろん、めちゃくちゃ美味しかった)。

さらに、だし巻き卵がめちゃくちゃ美味しかったのを強烈に覚えています。

きわめつけは、その値段。べらぼうに安いわけではありませんが、この値段でこれだけおいしい料理が食べられるお店にはなかなかお目にかかれません。

雰囲気的にも渋めの、酒好きのオッチャンが好むようなタイプのお店。個人的にはなんどでも行きたくなってしまうタイプの居酒屋ですね。

ソウジュ

そういうお店が大好きなんですよね…

くずし和食そら

営業時間:11:30~14:00(平日のみ), 17:00~23:00

定休日:日曜日

価格帯:3000-4000円

 

季節の魚を日本酒でいただく『火影』

火影のだし巻き卵

火影の日本酒

松本城からほど近いのがこちらの『火影(ひかげ)』。カウンターと小上がりがあって、綺麗めな雰囲気の居酒屋です。

名前のとおり焼き物が得意な印象で、魚介以外にも肉系の料理も味わえます。…が、ぼくはやっぱり魚介を頼んでしまいます。

こちらも季節の魚をだしてくれますし、どれもとても美味しい。もう、日本酒と和食のコラボって本当に幸せだな、とニヤニヤしてしまいます。

先日(9月末)うかがったときも、秋刀魚の塩焼きとタタキを堪能しました。

値段は標準的〜気持ち安め、という感じ。地酒以外にも、各地の有名どころが置いてあるので結構たのしめますし、デートとかでも使える雰囲気もいいですね。

火影(ひかげ)

営業時間:17:30~25:00(火~土), 16:00~23:00(日)

定休日:月曜日

価格帯:3500-4500円

 

絶品の鳥料理を満喫!『アガレヤ』

『アガレヤ』のつくね

『アガレヤ』の親子丼

日本酒には鳥料理も外せません!ということでおすすめしたいのが、こちらの『アガレヤ』。

松本駅と松本城のちょうど真ん中あたりにある、蔵を改装したおしゃれなお店です。

カウンターとテーブルがありますが、人気なのでわりといつも混んでるイメージ。できれば予約していくことをおすすめします。

いちおう焼き鳥屋ということになっていますが、串にささないタイプの焼き鳥で、とても丁寧なやさしい味わいが特徴。個人的には松本の鳥料理でいちばん美味しいと思います。

地酒を中心に日本酒の品揃えもそこそこ。お店の雰囲気も素晴らしいので、ゆったりと飲みたいときにおすすめです。

アガレヤ

営業時間:18:00~24:30

定休日:不定休

価格帯:4500-5500円

 

マスターの日本酒愛がすごい『厨十兵衛』

『厨十兵衛』のキスたたき

『厨十兵衛』の白子ポン酢

松本で日本酒といえば『厨十兵衛』は外せません。こちらも松本城からほどちかい場所に位置する居酒屋で、店内は掘りごたつ式のカウンターとテーブルがいくつか。靴の脱いであがるスタイルです。

『神様のカルテ』にでてくる行きつけの居酒屋『九兵衛』のモデルとなったお店です。

マスターの日本酒愛がすごすぎて、扉には「日本酒が好きなひとしか入店しないでください」的な但し書きが。こういうスタイルなので賛否両論ありますが、個人的には「味がよければそれでOK」と思っています。

値段はちょっと高めですが、日本酒の品揃えは松本では頭ひとつ抜け出ているような印象で、聞いたこともないようなお酒もあるので日本酒好きにはたまらない。

料理はもちろん魚介系がメイン。鮮度・調理法・味と三拍子そろって申し分ないです。2月にお邪魔したときも、白子が美味しすぎてほっぺたが落ちました。

ちょっと大人な雰囲気、かつ独特なマスターのお店ですが、ぜひいちど行ってみてほしいお店のひとつです。

厨十兵衛

営業時間:18:00~24:00

定休日:不定休

価格帯:6000-7000円

 

味はもちろん、目でも楽しめる『大人のてっぺん』

大人のてっぺんの車海老

大人のてっぺんのホタテ蟹味噌焼き

松本駅から徒歩2分、けっして広くないこぢんまりしたお店ですが、いつも埋まっている印象の『大人のてっぺん』。

品数は多くないものの「うわ、これ食べたい!」と思う料理をバランスよく抑えていて、日本酒もそこそこ種類があります。そしてどれも外れない美味しさ。

お通しは『車海老の踊り刺し』、歯ごたえのある透明なエビのお刺身をいただけます。残った頭と尻尾は、あとで唐揚げにしてくれるのも嬉しいところ。

他にも、名物の『ホタテの蟹味噌焼き』はほっぺたがおちるウマさですし、湯通ししてトロットロの『白子ポン酢』などなど、ちょっと独特なメニューが魅力的です。

日本酒を『錫(すず)』の徳利とお猪口で出してくれるのもいいですね。

大人のてっぺん

営業時間:17:00~24:00(曜日によりやや変動?)

定休日:不定休

価格帯:4000-5000円

 

ウニから牛まで!美味しいを追求した『縁(えにし)』で大人な夜を

縁の刺身3種盛

松本城・縄手通りの細い路地裏にある、知る人ぞ知る名店。「ゆっくり落ち着いた空間で本当に美味しい料理を味わってほしい」との思いで、あえて見つけにくい場所にお店をひらいたそう。

『厨 十兵衛』とおなじく靴を脱いで座るスタイルで、掘りごたつのカウンターとテーブルがいくつか。

名物のウニは売り切れ(毎月12日はウニの料理が半額になるらしい)、かつ2軒目だったのであまりいろいろ頼めなかったのですが、お通しの『土手煮』そして刺し盛りともに文句ない味でした。

とくにお刺身はひときれひときれが厚切りなうえ、美しく角のたった切り身は鮮度のいい証拠。湯引きされた鯛がめちゃくちゃ濃厚で忘れられません。

日本酒もけっこう種類がありますし、おなじ銘柄で種類のちがうものもあったりして、日本酒のみには嬉しい品揃えです。また、日本酒は『爽』・『薫』・『熟』(あとひとつありましたが忘れました)の4タイプで分けてくれていて、ハズレなく飲めるのも素晴らしい。

ぜひ夜の縄手通りや松本城の雰囲気を堪能しつつ、足を伸ばしてみてください。

城町ろばた 縁

営業時間:18:00~23:30

定休日:日曜日

価格帯:5500-6500円

 

長野県のおすすめ地酒

さいごに、長野県内のおすすめの日本酒をご紹介しておきますね。お店で見かけたらぜひ試してみてください!

ちなみにぼくの好みの日本酒はこんな感じ。ひとことでいうと『飲みやすい日本酒』になるかと思います。

  • フルーツっぽい爽やかな香り
  • キレがあってさっぱりした飲み口

ソウジュ

好みのあうひとは美味しく飲めると思います!

水尾(みずお):飯山市

水尾

旨味とキレのバランスがよく、水のようにすいすい飲めてしまう。

佐久の花(さくのはな):佐久市

花のような香りと甘み。まるで果物。

美寿々(みすず):塩尻市

とろっとした甘みに、さっぱりした後味。

翠露(すいろ):諏訪市

甘みと酸味のバランスがいい。気づいたらスッと消えている。

十九(じゅうく):長野市

マスカットのような爽やかさ。力強い味とキレのバランスがいい。

まとめ:松本で美味しい日本酒を!

長野県は水がおいしいので、おいしい地酒がけっこうあると思っています。そして美味しいお酒とくれば、美味しい料理は欠かせませんよね。

ほんとうはもっとたくさん紹介したいのですが、「これだ!」と思うお店にはなかなか出会うことができないのが現状です。これからも見つけたら追記していくかたちで、もっといろんなお店を紹介できたらと思います。

ぜひ松本の夜を堪能してください!

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です