読図の準備をしよう!必要なものと磁北線のひき方を解説します

地形図とコンパスとペン

ここでは、地形図とコンパスによるナビゲーション、『読図(どくず)』の方法を解説していきます。

読図をするには、まず地形図とコンパスを用意する必要があります。本記事では、準備編として、地形図とコンパスの準備のしかたをチェックしていきましょう!

ソウジュ

「『読図』ってなに?」というひとはまず「登山における地図の種類と使い分け」という記事をチェックしてください!
3種類の登山地図アプリ?地形図?登山における地図の種類とおすすめの使い分け

読図の準備に必要なもの

まずは必要なアイテムを揃えましょう。必須アイテムは以下のとおり。

  • コンパス
  • 地形図
  • ボールペン(赤ペン)
  • 定規

おすすめも含めながら、それぞれ説明していきますね。

登山専門のコンパス

まずコンパスですが、プレートのついた登山用のものが必要です。

ヨウコ

スマホに内蔵されてるコンパスじゃダメ?

ソウジュ

スマホのだと読図はできないから、専用のものが必要だよ

予算的には2000-3000円が目安です。SILVA(シルバ)というメーカーのものが定番で、ぼくはSILVAのNo.3を使ってます!

国土地理院の地形図

つぎに地形図です。地形図は、国土地理院の発行している25000分の1のものを用意してください。『山と高原地図』とは違うので注意してくださいね。

好日山荘や石井スポーツなどの登山専門店には必ず置いてあります。大型書店でも手に入るときがありますね。「25000分の1の地形図」と言えば通じるはずです。値段は1枚400円ほど。

どこの地形図を買うべきかについては、どこでも大丈夫です。迷ったひとは

  • よくいく山域周辺のもの
  • 家のまわりのもの
  • つぎに行く予定の山のもの

から選ぶのがおすすめです。ただし、都市部に住んでいて家のまわりが真っ平らで地形的に変化がない、という場合は自宅周辺は避けた方がいいかもしれません。

ペンと定規

さいごにペンと定規です。ペンの色はなんでもいいのですが、目立つ色がいいので赤がおすすめ。濡れることもあるので油性のものがいいですね。

定規は磁北線をひくのに使うので、長いものがあると便利です。選べるのであれば、長さ50センチ・幅4センチほどのものがおすすめです。

ソウジュ

幅を広げ4センチだと1キロごとに磁北線が引けるので、地図が見やすくなります!

地形図に磁北線をひこう

必要なものを揃えたら、こんどは地形図に磁北線をひいていきましょう。磁北線をひくのはけっこう面倒なんですが、これを基準にコンパスで方向を決めるのでがんばりましょう!

ソウジュ

ここでは地形図の原本に書き込んでいきます。原本をとっておきたいひとはコピーしておいてください

まず、地形図の枠外に注目してください。『西偏〜度〜分』という記載がありますよね?この数値は、「北方向とのズレ」を表しています。写真だと『西偏9°30’』となっているので、この地形図は北から西に9度30分ズレているということになります。

地形図の西偏

このズレを修正するための線が『磁北線』なんですね。

ヨウコ

うーん…?

ソウジュ

とにかく、この数値さえわかれば磁北線がひけるからあまり深く考えなくて大丈夫!

以下の表をつかって、西偏の値に対応する数字を確認しましょう。この地形図の場合、西偏9度30分なので「3.35」になります。ちなみに、この数値は地形図1枚いちまい違う値になるので、磁北線をひくときにはしっかり確認してくださいね。

角度 0分 10分 20分 30分 40分 50分
3度 1.05 1.11 1.16 1.22 1.28 1.34
4度 1.40 1.46 1.52 1.57 1.63 1.69
5度 1.75 1.81 1.87 1.93 1.98 2.04
6度 2.10 2.16 2.22 2.28 2.34 2.40
7度 2.46 2.51 2.57 2.63 2.69 2.75
8度 2.81 2.87 2.93 2.99 3.05 3.11
9度 3.17 3.23 3.29 3.35 3.41 3.47
10度 3.53 3.59 3.65 3.71 3.77 3.83

数値が分かったら、地形図の『右上』の角から、その数値ぶん左にずれたところに印をつけましょう。

地形図と登山用コンパス

そして、おなじく『右上』から、こんどは20センチ下に印をつけ、ふたつの印をつないでください(赤ペンがなく、青でひいてます)。

地形図と磁北線

これが『磁北線』です!おめでとうございます!

ここまでできたら、あとはこの『磁北線』と平行に線を引いていけばオッケーです。間隔はできれば4センチ前後がいいですが、そこまでこだわらなくても大丈夫です。定規をズラしながらどんどん平行線を引いてください。

磁北線をひいた地形図

全体に引けたら、このステップは完成です!

地形図を折って使いやすくしよう

さいごに、地形図をおりたたんで、持ち運んだり見たりしやすい状態にしましょう。

まず、地図のフチにそって4辺を山折りにしていきます。

地形図の折り方

層雲峡の地形図

4辺が折れたら角の部分をひらいて、つぎの写真のように折り線と重なるように折りこみます。

国土地理院の地形図

これを4つの角をそれぞれ折ったあと、折り目にしたがって辺も折り込みます。

地形図の折り方

表にするとこんな感じ。

フチを折った地形図

縦方向に4つ折り・横方向に半分にしたら完成です!

地形図は雨に弱いので、山に持って行くときにはジップロックやマップケースにいれておくのがおすすめです。サイズは好みがあると思うので、必要におうじて調節してください。

地形図の折り方

折りたたんだ地形図

まとめ・これで読図の準備は万端!

ここまでくれば、読図の準備は万端です。さいごにもう一度、必要なものをおさらいしておきましょう。

  • 国土地理院の25000分の1の地形図…磁北線をひく
  • コンパス…登山専用のもの
  • 定規…磁北線をひくときに使う
  • ペン…磁北線をひくときに使う

つぎは、基礎編として「地形図と登山用コンパスの基本的な使い方」をご紹介します。乞うご期待!

3種類の登山地図アプリ?地形図?登山における地図の種類とおすすめの使い分け
この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です