【レビュー】テクニカ・フォージ:世界初のカスタマイズ登山靴

テクニカ・フォージ

2018年、登山靴でもっともアツいトピックと言えば、テクニカから世界初の熱成型式カスタマイズ登山靴、『フォージ(FORGE)』が発売されたことでしょう。

店舗にてカスタマイズしたうえで実際の登山でもつかってみたので、そのディティールから使った印象まで、赤裸々にレビューします!

『フォージ』はフィット感がずば抜けたハイテクトレッキングシューズ

足入れがよく履きやすい

カスタマイズによるフィット感が素晴らしい

メガグリップやケブラーレースなど、全体としていい仕上がり

レザーの耐久性がやや劣る

縦走などのハードな用途には不向き

まず結論として印象をまとめると、フォージは『フィットがズバぬけたハイテクトレッキングシューズ』という感じ。

登山用品店で働いているので登山靴もアレコレと試着するのですが、間違いなくフォージのフィット感はピカイチ。熱成型によるカスタマイズフィットで、足入れとフィット感はほかのどんな登山靴よりも良好です。

ソールやシューレースにもこだわってハイテクな技術を結集して作られていますが、良くも悪くも「普通の、オーソドックス」な仕上がりで、履くひとを選ばないトレッキングシューズ、というのが今のところの印象です。

実際の登山で使ってみて気になったのは、その耐久性。

まだそこまで使い込んだわけではないので断言することはできませんが、レザーがケバ立ちやすく、耐久性がちょっと低いのかな?という感想です。また、縦走など重い荷物を背負うようなハードな登山には不向きだと思います。

テクニカからカスタマイズする登山靴『フォージ』が登場

はじめに軽くこの靴の紹介を。

「テクニカ」ときいて「そんな登山靴メーカーあったっけ?」と思ったかたもいるでしょう。

たしかに登山靴のラインナップは多くないですし、ほかのメジャーブランドと比べると知名度も高くありませんが、スキーブーツを主力としたイタリアの歴史あるフットウェアメーカーです。

今回の『フォージ』で使われているカスタマイズフィット(熱成型)は、すでにスキーブーツ業界では常識として浸透しているもので、その技術を登山靴に応用したものだといえるでしょう。

カスタマイズのイメージをザックリと説明するとこんな感じ。

① 「温めると柔らかくなり、冷えると固まる素材」でブーツを作る

② ブーツを温めて柔らかくする

③ 温めた状態で足を入れ、冷やすことで成型する

いままでの登山靴えらびは、「自分の足にあう靴をさがす」というものでしたが、フォージについていえば「登山靴を自分の足のかたちに合わせる」といえばわかりやすいでしょうか。

とくにフィット感がとても重要な登山靴において、それを個人レベルで追求できるのは革命的なアプローチだといえるでしょう。

ちなみに、熱成型にかかる時間は20~30分ほど。専用の機械を使うので、登山用品店でカスタマイズしてもらうことになります。

フォージの熱成形の説明タグ

熱成型されるのは、上のイラストでオレンジになっている部分。

インソール全面と、カカト・土踏まずを中心として、登山靴の踵側はかなりの範囲がカスタマイズ対象になります。

ソウジュ

とくに『踵のフィット』というのは登山靴のフィッティングの命ともいえる部分なので、そこをカスタマイズできてしまうのは本当にすごい!

フォージのスペックとディティール

テクニカ・フォージ

フォージの素材・カラー・値段など

スペックはこんな感じ。

商品名 アッパー素材 重さ(片足) 価格(税抜) カラー(差し色)
FORGE MEN ヌバックレザー 595g(UK8) 35900 グレー(ブルー)・ブラック(オレンジ)・ブラウン(イエロー)
FORGE WOMEN ヌバックレザー 520g(UK5) 35900 グレー(ブルー)・ブラック(イエロー)

値段は35900円とすこし高めですが、カスタマイズインソールが含まれているので、実際はそこまで高いわけでもないのではないでしょうか(カスタマイズインソールは10000円ほど、カスタマイズできない市販のインソールでも5000円ほどします)。

また、『FORGE S(29900+税)』という、レザーではなく化学繊維を使用したモデルもラインナップされています。

フォージのディティールをチェック

フォージのオバーラップタン

まず注目すべきはタンの部分。独立したタンがなく、内側の生地をそのままのばして巻きこむことで足首をホールドします(オバーラップデザイン)。

生地の重なりや折り返しがなくなったことで、あるいたときの足首へのあたりがすくなく、ストレスがありません。

ソウジュ

モンチュラ『ヤル テクノ』でも同様の構造がつかわれてますね。

フォージのシューレース

シューレースは、軽量でありながら強靭で耐摩耗性にすぐれる『ケブラー』。普通の靴紐よりもかなり細いです。よく見るとシューレース自体にわずかなコブがついてて、靴紐がゆるまないようになっています。

また、紐をとおす部分(Dリングといいます)もケブラーが採用されていて、フィット感を追求した作りになっています。

ソウジュ

Dリングはスポルティバ『ボルダーX』にインスパイアされたようなかたちですね。

フォージのソール

ソールはビブラムの『メガグリップ』。しっとりと地面に吸いつくようなソールで、とくにぬれた路面で威力を発揮します。

硬さは標準からやや固めで、日帰り〜小屋泊をメインに想定したような印象をうけました。

片足で600を切る軽さで、派手さを排除したシンプルなルックスも好印象です。

ソウジュ

フォージのデザインには、元Arc’teryxのデザイナーさんが関わっているとチラッと聞きました(本当かは分かりませんが)。

細部に渡ってハイテクな技術で作り込まれていますが、全体として見るとクセのないオーソドックスな仕上がりですね。

カスタマイズ(熱成型)でフィット感が向上

今回、実際にカスタマイズしてもらったんですが、じつはもともと足入れはかなりかったんですよね。

日本人の足型をベースに作られているので、足幅が標準〜広めの人にはかなりフィットすると思います。

カスタマイズ前に気になったのは、次の3点。

  • 登り坂やホールドに立ち込んだときに踵がうごく
  • 左足の土踏まず部分が持ち上げられている感じ(アーチが高めに作られているそう)
  • 左足のタンが重なっている部分があるくと軽く足首にあたる

カスタマイズ前後のフォージ

約30分のカスタマイズを終えたマイシューズがこちら(右)。左は、比較のために借りた整形前のものです。

画面が歪んでしまっていますが、母指球・小指球まわりが立体的に膨らんでいるのがわかるでしょうか(とくにこの写真だと小指の付け根部分、小指球まわりのふくらみがハッキリ出ていますね)。

踵まわりも丸みを帯びて、あきらかに立体的になりましたね。

肝心の履き心地については文句なしのフィット感。

先にあげた気になった点も見事に解消されました。とくに、左足アーチの持ち上げ感が「足に沿ってアーチを支えてくれてる感」に変わったのはびっくり。

しばらく歩いたり坂を上り下りしてみたのですが、今のところフィット感には死角がなく、「ローカットのような気軽さで履けてしまうミドルカットトレッキングブーツ」だと感じました。

フォージのデメリットと気になる点

フォージはとてもいい靴だと思うのですが(じゃなきゃ買わないですよね)、やはり気になる点もあるので、まとめておきます。

  • 値段がちょっと高め

このクラスの登山靴としてはちょっと高い

 

  • カスタマイズしたアッパー形状がどのくらい持つのか不明

使い方によってはだんだん崩れてきたり、戻ってきたりする可能性はある

 

  • 店員さんの当たり外れがある

カスタマイズを担当する店員さんがミスると変な形に仕上がってしまう

 

  • 耐久性にやや不安(使用したうえでの感想)

ソールやレザーが思ったよりもダメージを受けていて、何年も使いつづけることができるのか不安がでてきた

とくに気になったのが、耐久性。ちょっと詳しくみていきましょう。

フォージは耐久性が弱点なのか?

これまで、フォージを5日間ほど登山で使ってみました。

①5月の日帰り燕岳(残雪あり)

7月の槍穂高縦走(3泊4日のテント泊、岩稜帯がメイン)

①では残雪があったこともありほとんど新品同様で帰宅したのですが、②の縦走のあとに手入れしていると、いくつか気になるところがありまして。

剥離したフォージのラバー

まず、つま先外側のラバー部分に、すこし剥離がみられました。

「岩に引っかけたまま歩こうとして無理な力がかかったかな?」とも思ったのですが、

  • 両足でおなじ現象がおきていた
  • つま先ではなく小指付近の外側がはがれている

という2点から、どうやらそういうわけでもなさそうな気がしています。

割れた登山靴のソール

そして、ソールの割れ。土踏まずの踵側のソールがパックリと割れてしまっていますね…

登山靴のレザーのケバ立ち

また、レザー部分もかなりケバ立ってしまいました。

15キロ前後の荷物をかついでいたことと、あるいたルートに鋭い岩がおおかったことも影響しているかと思いますが、さすがに5日でこれほどダメージを受けるとは思っていなかったので、ちょっとショックでした。

ただ、これらのダメージがどんどん進行して履けなくなってしまうのか、それともしばらくこのまま履きつづけることができるのか、というところはまだ分からないので、もうちょっと使ってみてから追記していこうと思います。

フォージにダメージをあたえたであろう、槍穂高の縦走レポートはこちらに書きました(縦走中に気になることはなかったので、フォージについてはとくに書いていません)。

槍ヶ岳と穂高岳ジャンダルムに大キレット!夏の槍穂高を満喫する3泊4日のテント泊縦走

*2018.07.31追記

今回の件をメーカーに問い合わせたところ、『新品交換』という対応をしていただくことができました!

『カスタマイズできる登山靴』というのは2018年はじめてのアプローチなので、このあたりはわりと柔軟に対応していただけるんだなぁ、という感想。

フォージの箱

*2019.04.05追記

トータルで20日弱使用しました。

交換後は重装備での使用は控えて、日帰りから荷物の重くならない1泊テント泊などで使用しています。やはりレザーのケバ立ちは少しでていますが、ラバー剥離やソール割れといった上記症状はいまのところ起きていません。

もともと「がっつり縦走向け」といったコンセプトの靴ではないので、ちょっと用途に合わない使いかたをしてしまったことが原因だったのかなと思っています。

また、時間経過による型崩れもいまのところ起きてないようで、とてもフィット感よく快適に使えています。

ソウジュ

細かいところですが、シューレースが細いので、ひもを締めるときに手が乾燥していたりするとちょっと痛いときがありますね。

2019年、ローカット版『PLASMA(プラズマ)』がデビュー!

フォージの発売から1年、2019年はローカット版の『PLASMA(プラズマ) S』というモデルがリリースされました。おなじくカスタマイズできるローカットシューズです。

実際に見ましたが、ローカットシューズとしてはちょっと重いかな…というのがファーストインプレッション。よりシンプルなデザインでカッコよかったです。

 

テクニカのプラズマ

(画像はテクニカ公式サイトよりお借りしました)

プラズマは、すべて『S』がつく化学繊維での構成。ゴアテックス内蔵の防水モデルと非防水モデルがラインナップされています。「カスタマイズフィットは気になるけど、フォージは高すぎる…」という方はこちらをチェックしみてもいいかもしれません。

まとめ:テクニカ『フォージ』は登山靴界の革命児となるか?

フォージはこれからもフィールドでガンガン使っていくこととして、個人的には「フォージを皮切りにして、『自分の足に合う登山靴を探す』というスタイルから『自分の足に合うように登山靴をカスタマイズする』という流れに変わっていくのか?」というのも楽しみなところ。

そういう意味でも、新時代を感じさせてくれる面白い製品として期待しています。

テクニカ『フォージ』、気になったらぜひ試着してみてください!

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です