3ステップで分かる!登山計画のたて方とポイントを解説します

登山道の看板

ここでは、登山の計画を立てるときのポイントをまとめていきます。

今まで登山の計画をたてたことがない初心者ほど、どうやって計画をたてればいいのか迷うし、時間がかかりますよね。

そんな悩みを解決するために、「登山計画のたて方」を3つのステップに分解して説明していきます。

このステップを順番にたどるだけで、初めて登山をする人でも、簡単に登山の計画がたてられるようになります。

登山計画をつくる3つのステップ

「登山計画」ときくと難しそうに感じますが、実際にやっているのはこの3ステップ。

① メンバーと日程を決める

誰と、いつ登山をするか?

 

② 登る山・ルートを決める

どの山に、どんなルートで登るか?

 

③ 交通手段を確保する

登山口までどうやって行き、帰ってくるか?

ソウジュ

これ、実は旅行と同じなんです。旅行なら「メンバー・行き先・交通手段」を決めますよね。

それでは、ひとつずつ具体的に説明していきます。

メンバーと日程を決める

先に行き先(登る山)を決めてしまってもいいのですが、はじめにメンバーと日程を決めてしまうことのメリットがあります。

それは、目的地となる山をある程度絞り込めること。

山は数え切れないほどたくさんありますが、季節やスケジュール、そして一緒に歩くメンバーの体力を考慮すれば、候補をある程度絞ることができる、というわけです。

知らない人との登山は避けよう

まずはメンバーを決めましょう。ひとりで登ってもいいですし、友達や家族と登ってもいいでしょう。理想的なのは、すでに登山をしている人と一緒に行くことです。

最近増えているのは、ネットを通じて知り合った人と一緒に登るパターン。

実際に会ったことがなくても、知人の紹介やSNSで相手がどんな人なのか知っていればいいのですが、「当日までどんな人がいるのか分からない団体登山」というのは避けた方がいいでしょう。

まずは日帰り登山から始めよう

次に、日程です。

登山のシーズンについて話をすると、初めての登山におすすめなのは6月から10月ごろ。雪や凍結の心配が少なく、装備も必要最低限で登ることができるシーズンです。

ヨウコ

春から秋ってことね。特におすすめな時期もあるの?

ソウジュ

10月かな。気温的にもちょうど良くて、綺麗な紅葉も見られるからイチオシ。

日程については、休みがとりやすい土日が中心になるかと思いますが、まずは「日帰り」で計画をたてていきましょう!

何度か日帰り登山をして登山に慣れてから、泊まりを含んだ登山にチャレンジするのがおすすめです。

冬でも登山はできる?

一言で言えば、1年を通して登山することができます。

標高が低くて雪が降らない山であれば冬でも基本装備+αで登ることができますし、豪雪に閉ざされる標高の高い山でも、装備や技術があれば登山は可能です(『雪山登山』というジャンルになります)。

登る山とルートを決める

メンバーと日程が決まったら、登る山とルートを決めていきましょう!

ヨウコ

ルートって?

ソウジュ

登山道のこと。ひとつの山でも、複数のルートがあることが多いよ!

登る山は「調べる」のが基本

いきなり「どこに登るか決めろ」なんて言われても、なにから始めたらいいのか分からないですよね。山を探すときの基本的な方法はこちらの4つ。

① グーグルで検索する

「関東 登山 おすすめ」などでググる

 

② 百名山から選ぶ

百名山は有名で登山道も整備されていることが多いので、初心者にもおすすめ

 

③ ガイドブックや登山雑誌を見る

登山雑誌には、シーズンに合わせたおすすめの山が特集されていることが多いです

 

④ 登山好きな知り合いに聞く

知り合いの登山者がいれば「初心者におすすめの山を教えて!」と聞くとたくさん教えてくれるでしょう

目安として、はじめは2000m以下の山を選ぶのがおすすめです。

3000m級(3776mの富士山をはじめとして、3000m以上の山は国内には21座あります)の山々は気象条件も厳しいので、装備をしっかり揃えてからチャレンジした方がいいでしょう。

『百名山』って?

深田久弥という登山家が名山として選んだ日本の100の山々。詳しくは著書『日本百名山』をチェック!

登山ルートは実際に地図を見ながら選ぼう

登ってみたい山をいくつかピックアップしたら、登山ルートを決めていきましょう。このステップは、『山と高原地図』という登山地図を見ながら進めるのがおすすめです。

ソウジュ

装備編で紹介した『YAMAP』でもいいのですが、登山口までのアクセス方法(〇〇駅からバスで△分、など)が書いてある『山と高原地図』がとても分かりやすいです!

① アクセスのしやすさ

登山口までのアクセス手段はあるか?

 

② コースタイム(下山までにかかる標準的な時間)が5時間以内

下山まで5時間以内を基本にして、メンバーの体力を考慮したルートを選びましょう

登山では『早出早着』といって、朝早く登りはじめて午後早めに下山するのが基本。遅くとも10時には登りはじめて、16時には下山完了できるようなスケジュールを組みましょう!

ヨウコ

山を登るのにかかる時間はどうやって計算すればいいの?

ソウジュ

『YAMAP』や『山と高原地図』でコースタイムをチェックしよう!

通るルートに設定されたコースタイムを合計して、「登り始めから下山までにかかる時間」を計算するようにしましょう。コースタイムには休憩の時間は含まれていないので、少しゆとりのあるルートがおすすめです。

「いきたい山は見つけたけど、コースタイムが長すぎる」ということもあるかと思いますが、そういう山は将来の目標として残しておきましょう。

ソウジュ

山頂付近までロープウェイでアクセスできる山は初心者に最適です!

天気予報と現地の情報もチェックしよう

せっかく良さげなルートが見つかっても、天気が悪かったり、登山道が崩落していたりすることがあります。天気予報と現地の情報のチェックは入念に。

慣れないうちは、雨予報なら中止するか、行き先を変更した方がいいでしょう。

ソウジュ

無理して雨の日に登っても、転倒などリスクは大きくなるのに、山頂までいっても何も見えないことが多いんですよね…

現地の情報についても、「山の名前 登山道」などで検索して最新情報をチェックするようにしましょう。また、こういう情報はツイッターやインスタなどSNSで探したほうが早いときもありますね。

交通手段を確保する

目的地が決まったら、交通手段を確保しましょう!行き先やアクセスに応じて最適な組み合わせを考えます。

マイカー

行き先も時間も自由

運転が疲れる

 

レンタカー

行き先が自由。

返却時間の制約が大きい。運転が疲れる

 

バスや電車

乗っているだけなので楽。

時間と目的地の制約が大きい

 

タクシー

非常に楽

高い

 

自転車や徒歩

自由

時間がかかる、疲れる

場所によっては駅から徒歩で登山できたり、都内から登山口までの夜行バス(『毎日アルペン号』など)があったりします。また、マイカー規制で登山口までいけない山もあるので注意しましょう。

ソウジュ

「山の名前 アクセス」などで検索すれば、どんなアクセスの仕方が一般的なのか知ることができるよ!

『コンパス』で登山計画書を提出しよう

さて、『登山計画』は完成しましたか?完成したら、登山計画書を作りましょう!

『登山計画書』って?

「こういう日程・ルートで、登山しますよ〜」という登山の計画を書いたもので、事前に所轄の警察署に提出する。

事故があった場合の捜索の手がかりとなるので、必ず提出する癖をつけよう。

ヨウコ

え〜!めんどくさい…

ソウジュ

だよね!そんなときは『コンパス』だ!

「警察への提出」などめんどくさそうなイメージが強い登山計画書ですが、『コンパス』を使えば、作った計画をオンラインで入力するだけで完了です。

ひとつずつ順に埋めていけば提出できるので安心してください。慣れれば2-3分で登山計画書が出せるようになりますよ。

コンパス〜山と自然ネットワーク〜

まとめ:登山は少しずつステップアップしていくもの

調べるうちに「登ってみたい山」が見つかることもありますが、登山は「無理せずに少しずつステップアップ」していくことが大切です。

雨でも突っ込むとか、いきなり3000m峰にトライするのではなくて、「ミスってもなんとかなる場所」で少しずつ経験を積むことが、最終的には「登りたい山」への近道になります。

最後に、おさらいとして紹介したことをまとめておきます。登山計画といっても旅行と同じなので、気負わずにやってみてください!

① メンバーと日程を決める

  • まずは『日帰り』から
  • 知らない人との登山は避ける

 

② 登る山とルートを決める

  • 『YAMAP』『山と高原地図』を使おう
  • 登る山は調べて探す
  • コースタイムとアクセスでルートを決める
  • 天気が悪ければ中止する
  • 現地の情報も要チェック

 

③ 交通手段を確保する

  • 行き先に最適な手段を選ぶ
  • 必要なら予約を忘れずに
  • 『毎日アルペン号』などの登山者用の交通機関も要チェック

 

④ 登山計画書を提出する

  • 『コンパス』でのオンライン提出が便利
この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です