ゴアテックスなのに濡れるのはなぜ?理由を具体的に解説します

濡れたゴアテックスの生地

登山用レインウェアや登山靴の防水素材の定番といえば『ゴアテックス』ですよね。

「ゴアテックスだから濡れない!」と思って奮発して買ったのに、実際に雨の登山で使ってみると「あれ、濡れてる!?」という経験をしたことはないでしょうか。

この記事では、ゴアテックスなのに濡れるのはなぜなのか、その理由と対策を具体的に説明していきます。

ゴアテックスが濡れる3つの理由

よくネット上で見かけるのが、「ゴアテックスの防水性が弱いから濡れてしまう」という説明ですが、これは間違いです。

そもそもゴアテックスは『水を通さない素材』なので、雨がゴアテックスの生地を通過することは物理的に不可能なんです。じゃあなんで濡れるのかというと、その理由は大きく分けて次の3つ。

① ウェアや登山靴の開口部からの『浸水』

外の雨が実際に浸水してきているパターン

 

② 手入れ不足による『汗濡れ』

ゴアテックスの本来の性能が発揮されていないパターン

 

③ 気温差による『結露』

結露によってウェアの内側が濡れてしまうパターン

ソウジュ

それぞれ具体的に説明していきますね!

レインウェアや登山靴の開口部からの『浸水』

まずひとつめが、実際に雨がウェアや登山靴の中に入ってきてしまっているケース。

レインウェアや登山靴には、顔や袖口・足首など、どうしてもガードしきれない部分がありますよね。そういう部分から肌やウェアを伝って浸水してくる、という状態です。

また、ファスナーや縫い目も弱点です。止水ファスナーやシームテープといった防水加工も使っているうちに劣化するので、長く使っているウェアほど雨は侵入しやすくなってしまいます。

『シームテープ』って?

縫い目の裏側にはりつけるテープのこと。水の侵入を防ぐための加工。

対策

① 登山靴はローカットよりもハイカットのものを選び、ゲイター(スパッツ)と併用する

② レインウェアは着丈や袖丈に注意して選び、使うときは袖口を絞る

③ 止水ファスナーやシムテープが劣化してきたら買い換える or 修理する

ソウジュ

とはいえ、このあたりはウェアの作りからして仕方がない部分でもありますね…

手入れ不足による『汗濡れ』

ゴアテックスは優秀な素材ですが、しっかりと手入れしてあげなければその性能を発揮できません。

細かい話は省きますが、重要になるのは表生地の『水を弾く加工(撥水加工といいます)』。これがあるからこそ、ゴアテックスは「雨を防ぎ、ウェア内の水蒸気(汗)を排出する」ことができるのです。

ところがこの撥水加工、使っているうちにどんどん落ちていきます。また、ウェアが汚れればゴアテックスの機能自体も低下します。

結果、手入れ不足のゴアテックスを使うと、汗がウェアの外に排出されずに濡れてしまいます。

ゴアテックスの機能を最大限に引き出すためには、日々のメンテナンスが欠かせないのです。

ヨウコ

汗は水じゃないの…?

ソウジュ

水として皮膚上にでてくるけど、ウェアの働きによって「水蒸気」という形で発散されるんだよ。

対策

① 使ったらしっかり干す

② 洗濯・撥水加工などの手入れをする

ウェアの外と中の気温差による『結露』

さいごの一つは『結露』です。

「冬の朝に家の窓の内側がビチョビチョに濡れてる!」って経験をしたこと、ありますよね。あれが結露なんですが、全く同じことがウェアでも起こるんです。

結露は「気温差のある空間の境界(さっきの例でいくと窓が境界になりますね)」で起こります。

雨の中をレインウェアを着て登山しているとき、レインウェアの中と外では大きな気温差が生じますよね。レインウェアはその境界となっているので、結露が起こって内側が濡れることになります。

結露は自然現象なので完全に避けることはできませんが、軽減することは可能です。

対策

① 3レイヤーのウェアを選ぶ

② ベンチレーションを使ってウェア内外の気温差を小さくする

『3レイヤー』って?

表生地・ゴアテックス・裏地という3枚の生地を使って作られたウェアのこと。他に、裏地を省いた『2.5レイヤー』もあるが、2.5よりも3レイヤーの方が結露しずらい。

まとめ:ゴアテックスが濡れる気がしたらまずは手入れを!

ここまで 『浸水・汗・結露』という3つに分けて説明してきましたが、実際には原因はひとつではなく、複数の要素が組み合わさって濡れていることが多いでしょう。

濡れを完全に防ぐことは難しいですが、きちんと原因を理解すれば対策を立てることができますよね。

特に『浸水と結露』については仕方がない部分もありますが、「レインウェアの手入れをしたことがない」という人はぜひ洗濯・撥水加工をしてみてください!

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です