【レビュー】サロモン・XA PROは登山もランもイケる魅惑のトレランシューズ

サロモンのXA PRO 3D GTX

サロモンの『XA PRO 3D GTX』というローカットシューズを使い始めてから、8ヶ月。この8ヶ月というもの、普段の生活でも、旅先でも、登山でも、そしてクライミングにいくときでも、毎日のようにこの靴を履き続けてきました。

おかげでソールはすっかりツルツルになってしまったのですが、いろいろな条件でこの靴をテストし、良質な考察を得ることができたように思います。

この記事では、そんな経験をもとにして、サロモンの超定番ローカットシューズ『XA PRO 3D GTX』をレビューしていきます。

街でもランでも登山でも。『XA PRO 3D GTX』は一足三役の欲張りトレランシューズ

まず結論として全体的な印象をまとめると、XAプロは「街から縦走登山までこなしてくれる、マルチパーパスな一足」という感じ。

  • もっと身軽に、軽快に登山をしたい
  • 家を出てから登山をして、帰ってくるまでを全てカバーする1足がほしい
  • ときには街やランでも使いたい

XAプロは、そんなワガママを叶えてくれるローカットシューズでした。

サロモン・XAプロを選んだ理由

そもそも、なぜこの靴を選んだのか、というところからお話していきますね。

僕がこの靴を選んだ理由は、大きく分けて次の2つ。

① 登山のときにいくつも靴を持っていくのはめんどくさい

② 重くて硬い登山靴は疲れる

登山にいくときって、いくつかの靴を履き分けていませんか?

例えば、移動中はサンダルやスニーカー、登山中は登山靴で、下山したらまた履き替えて帰宅する、という感じです。

マイカーがあれば別にこれでも苦労しないと思いますが、電車やバスなどの公共交通機関で登山している身としては、これが地味にストレスだったんですよね。

移動中はラクな靴をはいていたい。もしテント泊登山だったら、テン場でくつろぐためのサンダルも欲しい。けど、荷物を増やすのは嫌だ。

それに、ゴツい登山靴は重くて疲れるから、もっと軽快に山を歩きたい。

そんなズボラな性格から、「ローカットの軽い靴を登山靴にしてしまえばいいじゃん!」という考えに至りました。

当初は「ローカットで登山って、大丈夫なの?」と半信半疑だったのですが、調べてみると、無雪期の山行なら、だいたいローカットでも問題ないらしいということが分かりました。

よく考えると、登山よりもずっと怪我しやすそうなトレランの人たちはローカットの靴で山を走り回っているわけで、「登山靴=ミドルもしくはハイカットのゴツいやつ」というのは、登山者の偏見なんですよね。

そうとくれば、行動あるのみ。

防水で、そこそこハードな登山でも使えそうなローカットシューズの定番として見つけたのがこの靴でした。ちなみに、同じ型でゴアテックスをつかっていない(防水でない)『XA PRO 3D』もあります。

ソウジュ

定番ってことは、多くの人に愛される理由があるはず!

XAプロのメリットとデメリットまとめ

そんないきさつで使いはじめたXAプロ。使ってみてわかった、メリット・デメリットをまとめました。

街でも山でもマルチに使える

軽さと安定感のバランスが絶妙

クイックレースが素晴らしい

 

ソールの減りが早い

小石や砂が入りやすい

『クイックレース』って?

サロモン独自の『靴ひも』のこと。ワンタッチで靴ひもを締めたり緩めたりできるスグレモノ。

サロモンXA PRO 3D GTX

それぞれ、詳しくみていきましょう!

家から山まで『XAプロ』だけですむ快適さ

まずこの靴のいいところは、「ローカットの登山靴がほしい!」と感じたキッカケを見事に解消してくれたこと。

XAプロを使い始めてからは、駅まで歩いているときも、移動しているときも、登山しているときも、すべてこの一足でこなせるようになりました。それでいて、登山靴より軽快に歩くことができるんです。

調子がよすぎて、すぐに普段の生活や旅行でも使うようになりましたね。

特に旅行では、旅先で「どんなアクティビティをするか」によって持っていく靴を選ばなければいけません。でも、この靴なら街歩き・雨の日・アウトドアで分け隔てなく使えるので、気がついたらこの靴ばかり履いていました。

まさに絶妙!軽さと安定感のバランス

XAプロのとくに優れたポイントは、この『軽さと安定感のバランス』だと感じています。

もともとが『クロスアドベンチャー』、つまりロード(舗装路)から登山道、そして道なき山を走破するために開発されただけあって、『軽さ』と『安定感・剛性』という相反する要素が絶妙なバランスで組み合わさっています。

これは、靴をひねってみると分かるのですが、XAプロは他のトレランシューズよりもあきらかに『ねじれ』が少ない、剛性の高いつくりをしているんですね。

なので、片足でだいたい390gと、多くのトレランシューズよりも少し重くなっています。

XA PRO 3D GTX

XA PRO 3D GTXのつま先

また、つま先部分もかなり固めのラバーが使われています。

登山をしていると、木の根や岩に足先をぶつけることってありますよね。そんな時にも、登山靴ほどとはいきませんが、しっかりと足先を守ってくれるので安心です。

さすがに重い荷物での長期縦走には向きませんが、雪がない季節であれば、日帰りの3000m峰登山から、1-2泊の2000m峰テント泊縦走でも十分に使える印象です。

実際、このXAプロで1泊2日の塩見岳(3052m)にも行きましたし、元旦の雲取山(2017m)でテント泊もしましたが、特に困ることもなく、むしろ非常に快適に歩くことができました。

ちなみに、先日『IMM(石井マウンテンマラソン)2018』という1泊2日のロゲイニングのレースに出場してきたのですが、「登山道を外れた山の中から舗装路まで、走り尽くしたい」というときにはベストな一足だと感じました。

ソウジュ

もともとそのために作られているんだから、そりゃ当たり前ですよね…
山の中を歩く女性IMM(石井マウンテンマラソン)は初心者も楽しめるロゲイニング大会だった

引っかからない、ほどけない!クイックレースの魔法

この靴のもうひとつの特徴は、サロモン独自の『クイックレースシステム』という靴ひもでしょう。

ソウジュ

この靴ひも、魔法かよ…

と思ってしまうほど、めちゃくちゃよく考えられたシステムなんですね。

見た目は頼りないくらいに細い紐ですが、『ケブラー』という、軽量・高耐久の素材を使っているので、強度はバッチリ。

サロモンのクイックレースシステム

引っ張るだけでキュッと足全体が締まるので、靴ひもを結んだり解いたりする手間がなくなります。

余ったひもは、タンのメッシュポケットに収納すればスッキリ。ブラブラすることもありません。

サロモンのクイックレースシステム

サロモンのクイックレースシステム 

ヨウコ

ふ〜ん。簡単にひもを締めたり緩めたりできそうだね

ソウジュ

うんうん。でも、それだけじゃないんだよ!

クイックレースの一番の魅力は、「歩いている途中に解けたひもを踏んだり、反対の靴にひもがひっかかったりして、転ぶことがない」ということ。つまり、安全性がとても高いんです。

従来の靴ひもではまず考えられない、「超」画期的なシステム。

ソウジュ

これ、本当に最高なので、もっと多くの人に知ってほしいです!

さて、XAプロの魅力はだいたい伝わったかと思います。ここからは、デメリット・イマイチなところを見ていきましょう。

登山靴よりもソールの減りが早い

これはローカットの靴全般に言えることですが、トレッキングシューズと比べて、ソールの減りが早いです。柔らかいソールを使っているので、どうしてもソールの減りは早くなってしまうんですね。

XAプロのソール

8ヶ月で、かなりツルツルになってしまいました。とはいえ僕はかなりヘビーユーズしてきたので、週1-2日使うくらいなら、1-2年はもつと思われます。

もともと靴自体がトレッキングシューズよりも安い(定価で17000円くらい。トレッキングシューズは物によっては30000円くらいしますよね)ので、「まぁ、こんなもんかな」というのが正直な感想です。

登山靴のソールと比較すると、こんな感じ。右のほうには、「どんな道で使いやすいか」を★の数で表しました。

タイプ ソールの硬さ ソールの減り 岩稜 登山道 林道 舗装路
登山靴 硬い 遅い ★★★ ★★  
トレッキングシューズ さまざま 普通 ★★★ ★★
ローカットシューズ 柔らかい 早い ★★ ★★★ ★★

ローカットなので小石や砂が入りやすい

これもローカットシューズの宿命ですが、小石や砂はかなり入ってきます。

といっても、気になったら脱いで取り除くだけなので、それほどストレスに感じたことはありません。クイックレースのおかげで着脱もスムーズですし。

どうしても気になる場合は、純正のゲイターがあるので、それを使うのもいいかもしれません。

XAプロは「ローカット登山靴デビュー」におすすめ

この靴をおすすめしたいのは、ズバリ、「ローカットの靴で登山してみたいなぁ」という人。

僕自身がまさにそうだったわけですが、初めてローカットシューズを登山に導入しようとするとき、こんな悩みを抱くと思います。

    • そもそもローカットを登山に使えるのか
    • 軽快で、かつそこそこ剛性があって安心して使えるローカットがほしい

こういう悩みって、いままでかなり「しっかりした、剛性のある登山靴」で登山をしてきたからこそ感じるものなんですよね。

そんな人にこそ、軽さと剛性のバランスのとれた『XAプロ』をぜひ使ってみてほしいです。

この記事をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です